第2オクターブキーの押さえ方

オーボエの第2オクターブキーの押さえ方はどのようにしていますか?
音が高くなりすぎたり低くなりすぎて、正しい音程に定まらないなど、第2オクターブキーが苦手という方も多いのではないでしょうか。

 

 

特に、押さえる時に薬指と小指がどうしても中指側に寄りがちになるものですね。
これを防ぐ練習としては、指を左Fキーにかけて動かないようにし、第1オクターブを押したGと第2オクターブキーを押したAを行ききさせるのが有効です。

 

 

右手はE♭が絡む時のポジションと通常の二つがあり、この時は手首を動かします。
また、基本のポジションは使っていない指が上に寄らないように、指を離してもポジションはキープしましょう。

 

 

右手の親指を押さえすぎてしまうと、他の指を引かないといけなくなり、指を動かしずらくなりますね。
その為、親指の付け根を指かけの中央になるくらいのところで支えるようにすると良いと思います。押さえるというよりは指を乗せるといった感じで行いましょう。

 

 

基本のポジションを守るということは、指が余計な動きをしないようにさせたり無駄な力が入らないようにするだけではなく、音調を揃える効果もあります。

 

 

更に、オーボエで良い音を出すには、押さえ方以外にも、重要なことがあります。
それはしっかり息を通すようにすることです。
指を動かすことばかりに意識がいって息が出ていないと、力が入る原因にもなります。

 

 

人間の体というのは、指に力が入ると胸のほうまで硬くなって、息が出にくくなってしまうものです。
ですが、反対に息をしっかり出そうとすることで、指や舌の無駄な力も抜けて動きやすくなったり、速いダンキングなどもできるようになってくるでしょう。

 

 

いずれにしても、常に下腹以外は脱力するのが、オーボエを上手く吹く上で大切になってくるでしょう。

 

 

なお、この佐藤亮一先生のオーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1〜3弾セットでは、それを踏まえ、特殊な替え指を使って練習します。

なかなかここまで学ぶことはできない貴重なレッスンなので、上達したい方は必見でしょう。

 

第2オクターブキーを使いこなす練習方法をお教えします!

 

佐藤亮一のオーボエ上達講座(3弾セット)の詳細を見てみる