ダンキングのコツ

オーボエのダンキングが上手く出来ていますか?
難しくて苦手という方も少なくないかもしれませんね。

 

 

ダンキングは、簡単に言えば舌を使って音を切る技術になり、それにより作曲者の作った楽曲のイメージを伝えることが出来たり、様々な微妙なニュアンスなども表現出来るようになれるのです。

 

 

そんなオーボエのダンキングのコツは、舌をリードに当てるというよりは、むしろ離す技術として捉えることです。
というのも、舌をリードに当てると思ってしまうと、肩に力が入ってしまい体が強張ってしまうからです。

 

 

そして、「タ」と発音すると、歯の裏側に舌が一瞬つくのですが、そのイメージを持ってリードを加えて同じように発音
するのがオーボエのダンキングの基本と言われています。
この感覚になれる為には、普段から口の中で舌を動かす練習をすると良いかもしれませんね。

 

 

また、スムーズなダンキングをするには息のスピードが大切なので、吐く息の量をいつもより少し速く入れてみると上手くいくことがあります。
何故なら、息が遅いとそれだけ次の音の出が悪くなり、待たなければいけなくなり、それが更なる力みに繋がってしまうということになりかねないからです。

 

 

ですが、息が滑らかに吐けると、より速く舌は動くようになるんですね。
いずれにしてもオーボエのダンキングは息を止めるのではなく、リードに舌が触れることで音を切るということを、意識して行うよにしましょう。

 

 

なお、顎が動いてしまうとピッチが動いてしまい「タタタタ…」ではなく、「タウタウ…」といったようになるので、アンブシュアは正しく保つて、顎は出来るだけ動かないようにしましょう。

 

 

この佐藤亮一先生のオーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1〜3弾セットでは、上手なタンギングをする為の舌の使い方から、その仕組みと音の出し方について丁寧に解説してあるので、しっかり取り組めば短期間でレベルアップすることが出来るでしょう。

 

見て聞いて吹ける!全くの基礎から、憧れの音色を手に入れるまでを完全収録!

もうチャルメラとは言わせない!驚きのスピードで上手くなる方法

 

佐藤亮一のオーボエ上達講座(3弾セット)の詳細を見てみる