オーボエの高音域の吹き方の練習

オーボエの高音域を綺麗に出すことが出来ていますか?
アマチュアの多くの方が第二オクターブキーを使う高音が出しにくい、他の音と音色が揃わないなど、不得意に感じている人が多いものですね。

 

 

ですが、この高音域は上手くコントロールすることが出来れば、最も魅力のあるうっとりするような美しい音色が出ます。
何より、この音域を多く含んでいるオーボエのソロは多いので、抜かりのないように吹けるようにしておくことが欠かせません。

 

 

とは言え、これらの高音は、吹き方のコツを掴まないと正しい音よりもやや低い音になってしまうことが良くあります。
そんな正しい音程で高音域の良い音を出すには、リードだけで練習すると良いかもしれません。

 

 

例えば、第二オクターブキーを押した際のA、B#、B♭、Cの音を、リードだけでC#を吹くようにするのです。この時には下から吹き上げるような感じで音を出すのではなく、真っ直ぐに吹いて音が出るようにしっかり練習すると良いです。

 

 

この音が上手く出るようになったら、その時の口の形(アンプシュア)と息の感覚を覚えておきましょう。
そして、リードで音がしっかり出せるようになったら、楽器で中音のCからダンキングしながら半音ずつあげていくように練習しましょう。

 

 

この時にはあらかじめ音の強さを決めて吹くようにし、終始その強さを維持しながら音が一定に出るように吹いて下さい。

 

 

また、第二オクターブから第三のあたりの音域では、正規の指使いの他にも様々な替え指があるので、無駄な力が入らないで音が出やすく、更に音色も良く音程も正しくなる指使いを探してみると良いでしょう。

 

 

佐藤亮一先生のオーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1〜3弾セットでは、オーボエの第2オクターブキー使いこなす為の特殊な替え指を使っての練習から、大人気の名曲、ホルストの「惑星」より「ジュピター」を使って、オクターブ音が飛ぶ時の注意点や、音が上ずってしまう原因と解決策も学べます。

また、ダンキングについても丁寧に解説してあります。

 

見て聞いて吹ける!全くの基礎から、憧れの音色を手に入れるまでを完全収録!

高音域の運指などの吹き方のコツも映像と音でバッチリ分かります!

 

佐藤亮一のオーボエ上達講座(3弾セット)の詳細を見てみる