オーボエの組み立て方と注意点

オーボエを組み立てる時には注意する必要がありますね。
扱い方が悪いと楽器を壊してしまうことがあるからです。

 

 

まず、オーボエを組み立てる際にはケースを安定した場所に置き、広げたら左手に下管、右手にベルを持ちます。
そして、ベルを左手の下管にこじくり入れます。
この時に、もしきついようなら無理をしないで、専用のグリスを下管のコルク部分に塗るようにしましょう。

 

 

そして、ここで注意してほしいのは、キイを握りしめることです。
この時には力がけっこう入ってしまうので、もしキイを握っているとタンポが押しつぶされてしまい釣合いの均衡が狂ってしまうのはもちろん、キイそのものが曲がってしまうこともあるので、これは決してやってはいけません。

 

 

押さえて良いのは、指を引っ掛けるフックとキイを支えるポストの部分です。
オーボエの組み立て方としては、左にベル側のジョイントがズレた状態でベルに差し込んで、自分のお腹にベルを当ててゆっくり押し込みます。

 

 

その後、ベルを握って下管を左に回してジョイントを重ねます。(右に回してはいけません)
続いて上管は、膝のあたりにベルを当て、自分の方にキイを向けて、頭の部分を持って真っ直ぐに押し込みます。
この時には、ほんのちょっとでもキイを握ってはいけません。

 

 

特に、下管のドジな部分を握っているとジョイントが上がってしまって、上管のジョイントとぶっかり曲がって壊れてしまい、これを修理するとなると大変なことになるので、くれぐれも注意しましょう。
なお、上下管の場合には、最初からジョイントを重なる位置で押し込むようにした方が良いでしょう。

 

 

佐藤亮一先生のオーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座では、文章では分かりにくい楽器の組み立て方も映像でバッチリ学べ、初心者でも安心です。組み立てるときに触れてはならない箇所、持ち方などの注意点、意外と知られていない正しい楽器の扱い方を分かりやすく解説してあります。

 

楽器の正しい組み立て方と注意点をお教えします!

 

佐藤亮一のオーボエ上達講座(3弾セット)の詳細を見てみる